高く買取してもらえる訪問着の保存状態とは

訪問着などの着物を買取業者に売る際に、高額買取してもらえるポイントのひとつには、保管状態がどうだったかというポイントがあるようです。

八王子の方の口コミによると
「訪問着は、保存状態も売る際の得するポイントです。シミや汚れはもちろん、破れた個所があると査定に大いに響くポイントになってしまいます。可能な限りキレイな保存状態が好ましいですね」ということだそうです。

私自身は訪問着を着ることなどあまりありませんでしたので、「キレイな方がまあ高く売れるでしょうね」くらいにしか保存状態についてイメージできなかったため、もう少し詳しく調べてみました。

訪問着をはじめとする着物というのは、買取後どうなるのかというと、そのまま中古着物として売れるものは売られます。ということは、破れていたり汚れがあったりすると、買取業者がクリーニングやメンテナンスをしないといけません。また、ひどい汚れの場合はクリーニングをして落ちるのかどうか買取時には判断できませんから、どうしても低い査定額となってしまうということらしいです。

よって、買取価格を少しでも上げたい場合は、着物クリーニングをしておく方が望ましいようです。まあ、着物クリーニングも安くありませんから、着物クリーニングすることによって上がる買取価格と着物クリーニング代とは天秤にかけてみないといけませんが。いずれにせよ、今は売るつもりはないけれど、いつか売るかもしれない訪問着などは、着終わったタイミングでクリーニングに出しておくと良さそうです。

このページのTOPへ